FXでフィボナッチを利用した投資法とは?

 


FXのテクニカル指標の一つのフィボナッチなのですがこのテクニカル指標が活かせる、投資方法というのはどれが理想なのかを検証してみましょう。

 

まずこのフィボナッチというテクイカル指標がどのような形で分析するのかを紹介してみましょう。

 

フィボナッチは他のトレンド系やオシレーター系のように売られすぎや買われすぎなどをチャートとして表すものではなくて、チャート上のトレンドの天井や底などを出し、安値や高値から、エントリー値を計算するのです。

 

その安値や高値なども自分なりにチャートを見て設定するものになるので、確実性というものはありません。

 

もちろんテクニカル分析自体確実性というものはありえないのですが…。

 

それでは、投資方法として中長期ポジション保有のスイングトレードを考えて見ましょう。

 

チャート上に横線で計算結果のフィボナッチを設定していくので、トレンドを見たい時に1ヶ月とかの長いスパンのチャート上にフィボナッチの線を入れたとしてもどこがエントリー時なのかトレンドを見ても把握が難しい状態になります。

 

短期ポジション保有のデイトレードではどうでしょうか。

 

1日以内の投資法として、チャートも1日で表示されてそれにフィボナッチの計算結果を出し、トレンドが起こった時点で次のエントリー値の予測をすることが可能になるのです。

 

そうすることによって売りや買いに持っていけることができるので、フィボナッチはデイトレード向けといえるでしょう。

 

これによってフィボナッチが活かる投資法だといえるでしょう。自動での投資にしたい場合はFXシステムトレードがおすすめです。